ページのTOP戻ります

東京2020オリンピック・パラリンピック 横浜ウェブサイト

東京2020オリンピック

開催まで

東京2020オリンピックまで残日数

東京2020パラリンピック

開催まで

東京2020パラリンピックまで残日数

東京2020オリンピック

開催まで

あと

東京2020パラリンピック

開催まで

あと

ボランティア

横浜市・都市ボランティアに関するQ&A

1 大会ボランティアと都市ボランティアについて

Q1.
横浜市・都市ボランティアと大会ボランティアの違いはなんですか。
A1.
主な違いは以下のとおりです。
横浜市・都市ボランティア
(横浜市が募集・運営)
大会ボランティア
(組織委員会が募集・運営)
活動内容 観客等の案内、観光案内、美化推進、
イベント補助、ボランティア事務局補助
競技運営、観客サービス、
輸送等の大会運営のサポートなど
活動場所 競技会場周辺、競技会場最寄駅周辺など 競技会場、選手村等の大会関係施設
規模 2,500人を予定 8万人を予定
募集開始 2018年9月12日 2018年9月中旬予定

※都市ボランティアについては、競技会場を有する各自治体それぞれにおいて、募集を予定しています。

2 活動時間について

Q1.
ボランティアの1日の活動イメージを教えてください。
A1.
活動時間は、休憩時間を含んで1日5時間程度です。このほか、活動開始前・終了後に各30分程度のミーティングを予定しています。

3 応募について

Q1.
募集は先着順ですか。
A1.
先着順ではございません。特にウェブからの応募は、募集開始後1~2週間程度は大変混み合うことが予想されますので、出来るだけ避けていただきますようお願いいたします。
Q2.
ウェブからの応募は、どのように行えばよいですか。
A2.
横浜市スポーツボランティアセンターのウェブサイトからご登録をお願いします。
基本情報を登録後、マイページから横浜市・都市ボランティアの参加登録を行います。
基本情報登録のみでは、横浜市・都市ボランティアの参加登録を受け付けたことにはなりませんのでご注意ください。
Q3.
他の自治体の都市ボランティアや大会ボランティアと、複数に応募することはできますか。
A3.
応募していただけます。複数で応募し、活動される場合は活動日が重複しないようご注意ください。
Q4.
外国語の能力はどの程度必要ですか。
A4.
外国語能力は応募条件ではありませんが、外国語能力がある方は応募時に登録または記載してください。
通訳としての専門性は問いませんが、訪日外国人とのコミュニケーションを積極的に図っていただければと考えています。
Q5.
外国語は話せませんが、応募できますか。
A5.
応募していただけます。横浜市・都市ボランティアでは、応募時に英語対応について希望をお伺いします。回答頂いた英語対応の希望については、配置の際に考慮させて頂く予定です。
Q6.
障害がありますが、ボランティアに応募できますか。
A6.
応募していただけます。ペア・グループでのお申し込みもいただけますし、配慮・サポートが必要な方は応募時に登録または記載してください。
Q7.
ペアまたはグループで応募したいが、ウェブからはどのように行えばよいですか。
A7.
全員の方が、横浜市スポーツボランティアセンターのウェブサイトでご登録をお願いします。全員が横浜市・都市ボランティアの参加登録後、マイページ上で代表の方がグループ全員の会員番号を基にグループ化を行っていただきます。

4 横浜市スポーツボランティアセンターについて

Q1.
横浜市スポーツボランティアセンターとはどういうものですか。
A1.
横浜市内のスポーツイベント等を「ささえる」スポーツボランティアを支援する目的で設立されました。
公益財団法人横浜市体育協会が管理・運営を行っており、これまでも「横浜マラソン」や、「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」などの運営実績がございます。
ウェブから横浜市・都市ボランティアに応募される際は、まず横浜市スポーツボランティアセンターに登録いただきます。
また、横浜市・都市ボランティアに郵送またはFAXで応募される際は、事務局にて横浜市スポーツボランティアセンターに登録いたしますので再度、ウェブで登録し直していただく必要はございません。
Q2.
なぜ、横浜市スポーツボランティアセンターへの登録が必要なんですか。
A2.
横浜市では、東京2020大会及びラグビーワールドカップ2019™を契機に、ボランティア文化の醸成・定着に取り組んでいます。皆様に大会後も継続してスポーツボランティアとして活躍していただけることができるよう、都市ボランティアの応募にあたっては、横浜市のスポーツイベントに関するボランティア情報の提供などを行う横浜市スポーツボランティアセンターにご登録いただくこととしています。
Q3.
研修や活動希望日の申込はホームページでどのように行うのですか。
A3.
研修受講対象となった方には、別途Eメール等でお知らせいたしますが、横浜市スポーツボランティアセンターのマイページ上で行っていただく予定としています。方法については、改めて対象となった方にお知らせします。
Q4.
横浜市スポーツボランティアセンターの退会はできますか。
A4.
横浜市・都市ボランティアとして採用された方は、事務連絡等も横浜市スポーツボランティアセンターを通じて行わせていただきますので、東京2020大会終了までは退会はお断りさせていただいています。
その他の方で、横浜市・都市ボランティア応募後に退会を希望される際は、横浜市の担当まで登録IDとお名前、電話番号をお知らせください。
横浜市市民局オリンピック・パラリンピック推進課 045-671-4588

5 ボランティアの決定方法について

Q1.
ボランティアの決定はどのように行いますか。
A1.
年齢要件の確認等、形式的な書類審査を行います。その後、応募者多数の場合は抽選により面談に進んで頂く方を決定します。なお、抽選を実施する場合は横浜市内在住、在勤、在学者を優先させていただく予定です。
Q2.
ボランティア経験はないが、不利でしょうか。
A2.
様々な方に応募していただきたいと考えておりますので、応募者多数の場合は抽選を行う予定です。市内在住、在勤、在学者を優先させていただく以外での経験や資格による選考は行いません。
Q3.
英語対応を希望していないと、面談に進めないということはありますか。
A3.
面談に進めないということはありません。なお、様々な方に応募していただきたいと考えておりますので、応募多数の場合は抽選で面談に進んでいただく方を決定します。
Q4.
応募者多数の場合の抽選というのは、経験や能力は採用の際に考慮してもらえないのでしょうか。
A4.
経験を有する方はもちろん、未経験の方にも多く参加していただきたいと考えているため、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。経験や能力については、配置の際に考慮させていただきますので、是非、積極的に応募・申告をお願いいたします。
Q5.
12月12日(水)で締め切った応募結果はいつ分かりますか。また、抽選は実施しますか。(NEW 12/13更新)
A5.
年齢要件の確認等、形式的な書類審査(必須項目の記載漏れ等についての確認)を行った後に集計結果及び抽選の実施有無について公表予定です。(2018年12月末予定)
Q6.
抽選実施となった場合、抽選方法はどのように行いますか。(NEW 12/13更新)
A6.
横浜市内在住、在勤、在学者を優先させていただいた上で抽選を行います。抽選はコンピューターによって行います。
Q7.
抽選結果はいつ頃分かりますか。(NEW 12/13更新)
A7.
2019年3月までに応募登録いただいた方全員を対象に、個別にメールでお知らせさせていただく予定です。

6 研修について

Q1.
研修は外国語でも対応してもらえますか。
A1.
研修は、日本語のみで行う予定です。なお、日本語によるコミュニケーションが可能な方を応募条件としております。
Q2.
研修はどこで開催しますか。
A2.
横浜市内での開催を予定しています。
Q3.
指定された研修日にどうしても都合がつかない場合はどうすれば良いでしょうか。
A3.
研修日については複数日の候補をお示しする予定です。原則、お示しした中で選択していただき、受講をお願いします。
Q4.
研修に係る交通費等は出してもらえますか。
A4.
申し訳ございませんが、自己負担となります。

7 その他

Q1.
保険について(適用年齢、適用範囲、費用負担など)を教えてください。
A1.
ボランティア活動中を対象とした保険を準備します。(個人負担はありません) 具体的な内容については、現在検討中です。
Q2.
問合せの電話がつながりにくい
A2.
多くの方からお問い合わせ頂くと電話がつながりにくくなっています。お手数ですが、つながりにくい場合は時間をおいてから改めておかけ直しいただくよう、ご協力をお願いいたします。
Q3.
ボランティアをしたという証明はもらえますか?
A3.
希望する方のみを対象に、活動終了後に証明書を発行することを予定しています。
Q4.
紙の要項、申込書はどこでもらえますか
A4.
区役所、スポーツセンターで9月12日(水)より配架いたします。
各区役所 区政推進課広報相談係 
各区スポーツセンター(16区) 
港北スポーツセンター 
青葉スポーツセンター